FC2ブログ

お金にまつわるブログ~株・REITを使って配当生活へ~

親に薦められた投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

レバレッジ配当投資法

仮に配当金500万(税抜き前)を目標にして、これを達成したらリタイアしようとします
そうなると、現物株で配当利回り5%の株ですら、1億以上必要になります。
(※今日現在、タコ足配当ではない今期と来期でそれぞれ予想利回り5%以上の企業は、岩井コスモHD、JTの2銘柄のみ。)

ただ、1億の資金を待たずに、借金をすればもっと早く達成できるのではないか、と考えてみました。
銀行が融資してくれればいいんですが、株に融資はなかなか難しいので現実的には信用取引です。
そうすれば細かい計算抜きに粗々で最低3000万キャッシュがあれば達成可能できそうです。30%の保証金があればいいので。
レバレッジは時間を買うというのはこういうことですね。
ただ、事は簡単ではありません。
信用をするには、コストや制限がそれなりにかかってしまいます。

①保証金維持率25%維持しなければならない。
→1億買い建てたとして、最低評価額が2500万必要。
これを下回ると、所謂「追証」がかかる。
現金でもっておけば大丈夫じゃないのかと思ってたんですが、買い建ててる銘柄が下がった損失分も保証金から引かれます。

保証金に株を充てると、掛け目が生じる。
保証金をたとえば3000万キャッシュに持っておくともったいないので、これも高配当株に使用したいと考えると、維持率の計算上0.8掛けしなければなりません。さらに、現物・信用のどちらも下がると保証金維持率にWで反映されます。

二階建て規制
同一銘柄で現物と信用でやると所謂「二階建て」となり、新規に買い経てる時点で、委託保証金の50%未満の制限がかかります。51%保有していたら新たに同じ銘柄を買い建てられません。

金利が高い
制度信用は金利安いです(某会社だと0.9%のキャンペーンあり)が、その代わり6か月の返済期限があるため配当生活用には向かず、無期限で借りられる一般信用二ならざるを得ず、そうなると高い金利が必要(2.3%)。これより高い配当利回りでないと意味がなくなります。

管理費がかかる
信用分には1株10.8銭。単元株の売買単位が100株ではなく1株だと1株108円の管理費がかかる。

税金は安い
配当にかかる所得税分は15.315%!!現物より5%も安いです。(税法上は譲渡益。)

※上記数字はすべて一般信用の金利が一番安いむさし証券のものとなります。

次回、具体的数字に当てはめて書いてみたいと思います。


↑こちらは年間配当の目標が100万の本です。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

インデックス投資vs.個別銘柄投資について

資産運用の手段として、インデックス投資(株式指数連動型のファンドやETFを購入)を推奨するブログが多いですが、私の意見を思うところをまとめます。

日本株連動型インデックス投資信託にて資産運用することについて。

投資する人によって適不適が分かれると思います。
・株初心者や投資に時間を割きたくない人
・ボラティリティを押さえたい人
にはインデックスも良いかと思います。

ただ、有る程度投資に時間を割けて、興味を持っている人であれば、個別株投資にもメリットがあります。
(理由)
○個別株のメリット
・販売会社等に支払う信託報酬手数料がゼロ。
・個別株でも、システマティックな売買(あらかじめ損切り・利益確定の値を決めておく)も可能。
・自己資本比率の低い、財務体質の悪い、伸びしろの怪しい企業を避けるという加減ができる
○指数連動型ファンドのデメリット
東証一部上場株式全体の平均値が上昇するという可能性にベットしているリスクもある
・JAL・東電や斜陽産業も含めた市場全体を買っていることになる。
・若干の乖離率はある(ETF)
・新規上場銘柄があっても先回りされ、高値で購入させられてる(銘柄構成は絶対なので、購入株価が割安かどうかは選べない)。


よく、「アクティブがパッシブに勝てる可能性は少ない(猿の方がファンドマネージャーより成績が良かった、など)」、「信託報酬が高い分パフォーマンスが低い」と言われますが、あれはあくまで投資信託同士での比較です。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
Copyright © ひでぼう