お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > REIT > 手持ちのREITを売却すべきかどうか

手持ちのREITを売却すべきかどうか

私も持っているのですが、REITがここ数日急激に上がってきてます。

reit1y20130301

好調な日経平均すらも凌駕してます。
nikkeireit201303.gif
青線はreitETF。

そして、全REITの平均利回りはついに4%を割り込んでしまいました。
全REIT平均予想利回り130101
J-REIT<不動産投信情報ポータル>
やや過熱感が漂います。

1年ほど前に、「TheGoal」のまつのすけさんは、「J-REITの平均予想利回りの対国債のスプレッドが3%を切ったら、売ろうかなと漠然と思っています。」といってました。
The Goal(before 12.3.27)

この売り基準はどうなっているかを見てみると、
まずは長期国債。こちらも凄い高騰しています。歴史的低金利です。
新発10年国債20130301
「新発10年国債利回りチャート」

なので、スプレッドは3.92-0.67=3.25%と3%まではまだ余裕があります。

経済学者のたけなかまさはるさんのブログ記事では外人勢が参入する余地がまだあり、更なるバブルか、とも。
(以下引用)
アジアではシンガポールのREIT指数であるSTREIT指数が12 年に45%(米ドルベース)上昇し、香港のハンセンREIT指数も36%上昇するなど、REIT市場の活況が日本より一足先に起こっている。

中国を含むアジアの新興投資家のマネーが日本でもREITの新たな買手に加われば(すでに流入しているのかもしれない)、「のど元過ぎれば熱さを忘れる」の例え通り、日本のREIT市場が再びミニバブル的な高騰を起こす可能性が高くなるだろう。割安圏でREITを購入できた投資家には、楽しみな局面となってきた。」
(引用終了)

このブログ記事を書き始めてた時は売る気満々だったんですが、データを広いつつ記事を書き進めていった結果、「もう少し持ち続けていてもいいのかなぁ」という気に変わってきました。
こちらのHPも参考になりますが、ややデータが古いのが難点。
TMAX P/NAVインデックス
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう