お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 中国リスク

中国リスク

中国リスクが取りざたされてます。
銀行間短期取引の金利が30%越えたとか。
シャドーバンキングを取り締まるため、中銀は敢えて放置するという荒療治で対応するとか。
そもそも無計画にマンションバンバン建てて、投資家もバンバン買って、ゴーストタウンかしてるというニュースを数年前に見て以来、恐ろしい国だと思って、信用口座さえあればショートしてたかったくらいなのですが。。。
(※といいつつ、今日の香港ハンセンは 19,855.72 +41.74(+0.21%)とちゃっかりプラスで終わってましたか。。。)

ついに中国リスクが顕在化しましたね。
ここは、日本の健全な投資家は、余波が日本にも及ぶでしょうから、そしたら買い出動でしょう。

そんな私は待ちきれず、昨日三栄建築設計(3228)を買ってしまいました。そして今日も下がってます。
中央銀行、資金供給するみたいですね。
以下ロイターより引用

[北京 25日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は25日、中国の全体の流動性に不足はないとの見解を示しつつ、一時的に資金不足に陥った銀行に対し、必要なら資金を供給する考えを示した。既に一部の金融機関に資金を供給したことも明らかにし、短期金融市場の動揺を抑えようとする姿勢を見せた。
人民銀が発表した声明は、上海支店副責任者のリン・タオ氏が上海で開かれた金融フォーラムの記者会見で述べた内容のほぼ繰り返しで、現在の金利の変動や信用収縮は徐々に消えていくとの見通しも示している。

人民銀は中国の巨大な影の銀行(シャドーバンキング)システムの信用の伸びを抑制したい意向だが、人民銀による流動性のタイト化容認を受け、上海短期金融市場金利は先週、大幅に上昇していた。

資金不足に陥った銀行に必要なら資金を供給する=中国人民銀行
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
2013-06-26 12:31 
アフロ #340
新興国株式クラスの中国の構成比はかなりの比率ですので、影響力は大きいですよね。
ついに中国リスクが顕在化したといった所感です。
新興国の今後の動向に注目が集まりますね。
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう