お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 「35年もローンを組むのは危険」説

「35年もローンを組むのは危険」説

賃貸 vs.持ち家論争の中でよく言われるのが、
終身雇用制が崩壊しつつあり、年金受給年齢も引き上げられそうな現在
収入が覚束無い35年という遠い将来までローンを組むのは危険である。という主張を耳にしますが、
大きく抜けている視点として、
賃貸でもそれは同じ。もっというと賃貸は一生支払続けなければならないということですね。
解雇や年金がもらえなくなったら、賃貸住まいであっても支払に行き詰まります。

さらに、年金暮らしの高齢になってから賃貸を移り変わることを嫌がる大家さんも多いと聞きます。

どちらかというとこの点においては持ち家の方が有利と言えるのではないでしょうか。

老後に資産を持っているといないのとでは大きく違いますよね。

もちろん、ローンを組む際は無理のない返済額にする、という前提はありますけど。

img_1511377_60477614_0.gif


関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう