お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 読書 > 「永遠の0」読了

「永遠の0」読了

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


いや~、良かったです。電車で読んでたらやばかった。
風呂で読んだのは正解でした。少し仕事で嫌な事があったんですが、すっきりしますね。カタルシスというのでしょうか。投資本・ビジネス本ばかりだと、心が乾いていくような気がします。たまにこういった涙を誘う小説を読むのは精神衛生上良いのかも。


現代の姉弟が、特攻隊員だった祖父の知り合いを訪ね歩き、どういう人生を歩んでいたかを調べていく話。
史実に基づいた部分も多く、特に後半の特攻隊員(要員)の話になると、涙無しには読めなくなってしまいます。
特攻隊員は志願兵ということになっているが、実際は、時代背景・閉鎖した空間での集団心理もあり、事実上の強制であったということ。
彼らは自身の死への恐怖は勿論あったが、それと同じかそれ以上に、残された家族を置いてこの世を去らなければならない不安な気持ちはもあったのでしょう。当時は、「生きて虜囚の辱めを受けるな」と教育されてきたのに、敗戦濃厚な日本が占領されたら家族はどうなるんだろう、と尚更不安に思ったことでしょうから。。。


今後は、他の百田作品も読んでみたいと思います。
でも戦時小説はこの作品くらいなんですよねぇ、残念。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう