お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 株式 > 上方修正期待銘柄を探してみました。

上方修正期待銘柄を探してみました。

銘柄探しの一つの手法として、上方修正期待銘柄を探してみました。

ただ、3Q過ぎた時期だと、次の本決算時に同時に発表される来期見通しが保守的だと売られることを前回の三光合成で学んだので、序盤の1Q決算のものから探してみます。
それにはkabutanというサイトが便利です。
単なる進捗率だけではなく、5年平均の進捗率とも比較できるからです。
ファンダメンタルズ - 【第1四半期時点】上期業績の上方修正が有望な企業
で、対上期進捗率と5年平均進捗率との比較をエクセルにコピペして上位から並び替えてみました。
kamikijouhousyuusei130820.jpg
圧倒的に、安藤・間(1719)が良いです。

対上期進捗率は638%(5年平均は15%程度)。
平成26年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
「安藤・間、4-6月期(1Q)経常は99%増益・上期計画を超過
 安藤ハザマ <1719> が8月9日後場(14:00)に決算を発表。14年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比98.8%増の6.3億円に拡大し、4-9月期(上期)計画の1億円に対する進捗率が638.0%とすでに上回り、さらに前年同期の11.5%も超えた。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の1.6%→0.7%に悪化した。」

その上、PERも3.6倍と割安ですし、公共投資に強いので国土強靱化を成長戦略に盛り込んでいる安部政権が、概算予算が発表されたタイミングで連れ高する可能性も大。
と踏んでいるのですが、今日は早速下がってますね、、、。良い買い場が訪れてるのか、軟調な流れの始まりなのか。


【25.8.21追記】
その後、安藤・間について決算やYahoo掲示板を見てみたら、合併に伴って生じた負ののれんが105億円ほどあり、これでだいぶ利益が嵩上げされてた訳です。
実質の純利益は3億ほど。
もう少し厳しく利益の中身・急上昇した理由に目を向けないとダメですね。
最低でも、特別利益や損失くらいはチェックしないと。

大変失礼しました。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
2013-08-22 01:56 
Kapok #353 [Edit]
kabutan、便利なサイトですね。
情報ありがとうございます。^^
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう