お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 決算発表の解読は難しい

決算発表の解読は難しい

進捗率の良い銘柄を探してた所、こんな決算発表が8/7にありました。
2Qkessan130807.jpg
「8月7日大引け後(15:00)に決算を発表。13年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益は前年同期比80.6%増の16.7億円に拡大し、従来予想の14.5億円を上回って着地。
 通期計画の17.5億円に対する進捗率は95.5%に達し、さらに3年平均の55.3%も上回った。」
さらに増配も発表。
「同時に、今期の年間配当を従来計画の7.5円→8.25円(前期は700円)に増額修正した。
 直近3ヵ月の実績である4-6月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比45.5%増の6.4億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の9.7%→11.0%に改善した。」(kabutanHPより)

これを受けて翌日から暴騰するのかとチャートを見てみますと、
chart130807.jpg

何と、こんな好業績な決算を発表にもかかわらず大きく下落。
理由を探したのですが、
どうもこの辺のようです。
「会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結経常利益は前年同期比88.5%減の0.7億円に大きく落ち込む見通しとなった。」(kabutanHPより)
これだけの好決算を受けて通期予想を修正しなかったことがマイナスに見られたと言うことか?

ヤフー掲示板を読むと、
「上方修正しないので下期は売上(利益)ゼロとみなされ、失望売りを招いた。会社の責任と言える。本当に下期は何も売上できないのか?誰か会社に質問して欲しい。他の建設企業は下期(もチャント売り上げてるがのう。ここは半年働いて残り半年は遊んでいるのかのう。 」

ちなみにこれに対して、IRに問い合わせた人もいました。
「IRに問い合わせましたよ。あなたも聞いてみたらどうですか。3 4Qで残り約100億売上予定で営業利益3億はあり得ないですね。半期の営業利益率は12%ですよ。上方修正なかったのは残念ですが、下げれば買い増します。 」
だそうです。
だとしたら、上方修正は固いと思われます。

いずれにせよ決算発表の解読は難しいです。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう