お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 相場・マーケット > 焦臭くなってきました。

焦臭くなってきました。

たった今、呑気にETFの分配金記事をアップした後、My証券口座のPTSを見ると、軒並み続落。
為替も円高に向かってます。

何があったのかと、ニュースを探してみると、どうやらシリア情勢が焦臭くなってきたようです。。。

米国株式市場・序盤=急落、シリア情勢緊迫化受け(ロイター)
[ニューヨーク 27日 ロイター] - 27日の米株式市場は、シリア情勢の緊迫化をうけ寄付き直後から急落し、ナスダック指数の下落率は1%を超えた。
関係筋によると、西側諸国はこの日、シリアの反政府派に数日以内に政府軍に対する攻撃が行われる可能性があると通達した。


米国株、続落で始まる ダウ一時100ドル超安、シリア情勢を警戒(日経新聞)

【NQNニューヨーク=川内資子】27日の米株式相場は続落して始まった。ダウ工業株30種平均は午前9時40分現在、前日比87ドル70セント安の1万4858ドル76セントで推移。下落幅は一時100ドルを超え、取引時間中として約2カ月ぶりの水準まで下げる場面があった。内戦が続くシリアに米国が軍事介入する可能性を警戒し、投資家が運用リスクを避けて株式を手放す動きが優勢だ。ルー米財務長官が前日、連邦政府の債務が10月半ばにも法定上限を突破するとの見通しを示したと伝わったことも、投資家心理を冷やしている。

さて、投資家としてどうするべきか。
まずはユーロ円ショートを利確すべき?あとは、原油をロングするということも考えられますが。。。。

閑散期のタイミングにこの話題で、明日のマーケットは荒れそうな予感がします。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう