お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 次の怪しい金融商品は?

次の怪しい金融商品は?

散々色んなブログでも叩かれていた「いつかはゆかし」が、行政処分を受けそうな事態となってきてます。
(正確に言うと、SECから金融庁に行政処分「勧告」をしている状況)限りなく「黒」というところですね。
とはいえ、ブログ村投資信託ランキングでは3位にランキングされていて、人気があるようです。
toushishintakuranking131006.jpg


振り返ってみると、
安愚楽共済牧場、MRI事件なども発覚する前からよくブログでは話題になっていました。

そう考えると、最近ブログ巡りして怪しいと話題になっているのは、この辺りか。
ワインファンド[VIN-NET]
http://www.vin-net.co.jp/

もし感心のおありの方は以下の優秀なブロガーさんの記事くらいは最低でも目を通してから決断されることをお奨めします。
「ワイン投資は値下がりすることのない投資」と断言するVIN-NETに問題は無いのか? : 投資十八番
いやはや驚きました。なんと、ワイン投資は値下がりする事のない投資であるらしい。金融商品が発明されてウン百年。人類はついに未踏の金脈を掘り当てたようであります。
(→その後VIN-NETでは断定表現を訂正。)

すぽさん投資ぶろぐ
【疑問】
•なぜ、株式会社の形をとらないのだろう
•なぜ、投資信託の形をとらないのだろう
•なぜ、財務諸表を掲載しないのだろう
すべて、「そうしたくない(もしくはできない)理由」があるということです。

経済的自由を目指して!脱社畜!~株式投資メモ&雑記~
「確実に利益を出せるのであれば自身の資産だけでやるわけで。出資者からの手数料うんぬんの方がおいしいということです。
また、手数料関係に不明瞭なところが多すぎる。で、結果現在投資したら、いくらくらいの利回りになるの?全くわからない。為替の影響ももろ受けそうですし・・・。FAQにも予測不可能ですの多いこと。期待利回りわからなければ大切な資産預けれるわけもない・・。」

こちらは書評を通しての感想としてですが。
レバレッジ投資実践日記(【読書メモ】貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい 内藤忍 )
リアルアセットに関する説明も深みがない。)と言わざるを得ないですが、リアルアセットへの投資に関心を持ってもらい、著者の現在のビジネスへの誘導を図ることを目的としているとするならば、ちょっと残念な本と言えるでしょう。

内藤忍さんはどこに向かっているのでしょうか。。。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう