お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > GPIFのポートフォリオの行方

GPIFのポートフォリオの行方

今日も日経記事より。
昨日の日経の「風速計」によると、
GPIFの運用見直しを提言した有識者の一人、伊藤隆俊東大教授の記事です。
現行の資産構成割合は、
国内株式12
外国債券11
外国株式12
なのを、すべて20%に上げるそうだ。
これで円安株高が進むと市場関係者が期待する。
国内株式だけを見ても120兆円の8%も増えるとなるとこれは大きな出来事です。
しかも、GPIFに追随する企業年金などもありますから、これだけには留まりません。


ここだけで終われば株式投資家にとってはハッピー話なのだが、この記事の締めとしては、
最後決めるのは厚労省の役人。
提言を無視することもできてしまう。
現に2008年にも今回と同じような提言を伊藤氏はまとめたが、棚上げされたという因縁があるそうだ。

期待はずれで多いに下げる可能性も潜んでるという記事でした。




関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう