お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 自宅購入 > 賃貸を続けてた場合と購入とでどう違うのか自分の例で比較してみました。

賃貸を続けてた場合と購入とでどう違うのか自分の例で比較してみました。

自己使用不動産の新居(中古区分)を購入して2年3ヶ月。
途中職場の異動などがあって自宅を賃貸に出して、1年ちょっと。
で、自分が賃貸住まいしてた時の家賃と、住宅ローン+管理費はほぼイコールです。
そういった前提で、そのまま賃貸住まいしてた場合と、今のように購入した場合とでの住居コストを比較・試算してみます。
(単位;万円)
自宅購入をベースに、プラマイを評価。
資産がつまびらかになってやや恥ずかしいですが。。。

【購入との差額】

(初期費用)
○私の場合、購入時は頭金はほとんどいれず、仲介手数料分だけキャッシュで出したので、それが-100強
○(ほぼ)フルリフォーム代・・・-230
○その他購入に伴う諸経費(印紙税、登録免許税、引越代、司法書士代など)・・・-20(かなりうるおぼえ)

(維持費関係)
○住宅ローン金利負担は減税還付でトントン。
○賃貸に出した後の税還付・・・+10
○固定資産税・・・-22
○賃貸住まいのままであれば発生した更新料 +14

(評価損益関係)
○現況資産評価額(相場)-残債=+300。

総額比較・・・-78

購入の方が支出が多く、やはり賃貸の方がお得です。。。
ということが言いたいわけではないです。
項目の漏れも多いかも知れませんし、分かりにくい比較になってしまいましたが、何が言いたかったかというと、
住宅を買うと、「ローンが定年した後も更に何年も残ってる」という思考になりがちですが、実は売ればチャラ(場合によっては+)になるということも往々にしてある訳で、住宅ローンって、そんなにリスクが高い訳ではないと思うんですよね。
しかも、家賃とローンは同額ですが、購入物件の方が駅から2分近く、また居住面積は10平米以上広くなってます。
ということを踏まえると、自分では自宅購入の圧勝だと思ってます。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう