お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 読書 > 「臆病者のための億万長者入門」をちょっと斜めに読んでみた。

「臆病者のための億万長者入門」をちょっと斜めに読んでみた。

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)臆病者のための億万長者入門 (文春新書)
(2014/05/20)
橘 玲

商品詳細を見る


数年前に貪るようにこの本を読んでいたので、新刊本が出たのを知ってからすぐ昨日、購入。
臆病者のための株入門 (文春新書)臆病者のための株入門 (文春新書)
(2006/04)
橘 玲

商品詳細を見る

当時は盲目的に崇拝してました状態でしたが、今回は多少斜めに読んでみました。
マイホームと賃貸どちらが得か、という章には多少反論させてもらいます。
著者の主張をまとめると、
○マイホームに頭金1000万いれるなら、その分株で6%運用できれば、賃貸分稼げる。→頭金使うくらいなら、その分投資に回せ。
○レバレッジをきかせると、不動産価格が大きく下がった時は大きく損する。
○インサイダーマーケットなので、個人は損
著者は物事をシンプルに説明したいがために、色々な視点を端折ってるのであろうが、
・マイホームに頭金が求められない場合もあるので、1000万必ずしも出費する必要は無い。その分運用に回せるのは賃貸も購入も変わらない。
・この世界同時低金利のご時世、安定的に6%の利回りで35年も稼ぎ続ける投資商品など現実的にあり得ない(著者が推奨する世界全体に投資するETFは配当がない)
・資産価値の高いエリア(人口流入が続いている都心)と、地方都市でのマイホーム購入では資産価値の減りがまったく異なる。議論がごっちゃになっている。
・インサイダーなのは業者から購入する投資用不動産などで、マイホームは個人間の相対取引。一方的な損得は存在しない。

他にも、株式運用の章では、100年に一度のリーマンショッククラスの暴落時に分散投資を始めれば良い、というのにも少し違和感が。
そもそも100年に一度(実際はもっと多発しているが)しか投資機会がいない。機会損失リスクが無視されている。
そもそも素人が暴落の真っ最中の時にいきなり始められる訳がない。

と色々批判してますが、為替の章など分かりやすくシンプルで楽しく読める有意義な一冊です。
強いて批判すれば、という話でした。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
2014-06-11 00:33  いいですね
当時は盲目的に崇拝してました状態でしたが、今回は多少斜めに読んでみました

本を読むときはなるべくフラットな姿勢で臨む
とても大事なことだと思いました
今週末 本屋で立ち読みしてきます ありがとうございました
2014-06-11 23:32  Re: いいですね
ひでぼう #408
当時の資産運用本を読み始めたばかりの頃でしたので。そのころよりは知識は着いたので、フラットな姿勢で臨めたと思います。

ただ、今回の批判が正しかったのかはまだ分かりません。バランスシート的な見方をすれば、橘氏の言う通りかも?と思わなくもないので。


> 当時は盲目的に崇拝してました状態でしたが、今回は多少斜めに読んでみました
>
> 本を読むときはなるべくフラットな姿勢で臨む
> とても大事なことだと思いました
> 今週末 本屋で立ち読みしてきます ありがとうございました
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう