お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 読書 > 週刊 東洋経済 2014年 7/26号 「『21世紀の資本論』が問う 中間層への警告/人手不足の正体」

週刊 東洋経済 2014年 7/26号 「『21世紀の資本論』が問う 中間層への警告/人手不足の正体」

いつも参考にさせていただいてるブログ「Dividend Snowball Investing 」さんの記事がためになったので、ご紹介します。
元記事はこちら。
「21世紀の資本論」に関する東洋経済の記事を読んで
週刊 東洋経済 2014年 7/26号 「『21世紀の資本論』が問う 中間層への警告/人手不足の正体」週刊 東洋経済 2014年 7/26号 「『21世紀の資本論』が問う 中間層への警告/人手不足の正体」
(2014/07/22)
不明

商品詳細を見る

引用させていただきますと、「「21世紀の資本論」という本(中略)の趣旨は、フランス人著者のピケティ氏が欧米先進国(含む日本)約20か国の200年分のデータをさかのぼって、富と所得分配の歴史を分析したものであり、その歴史上、経済成長率が高かった時期は貧富の差がそんなに広がっていないが、経済成長率が低い時期は貧富の差が広がっていく傾向にある、というもの。
特に、資産収益性(株、債券など)のリターンは経済成長率や所得の伸びより大きく、今後の低経済成長率を前提とした場合、資産を保有するものがますます富める者となり、持たざる者との差が広がる。
ということを実証してくれたようです。

やはり、給与を稼ぐや、国の経済成長に期待するよりも、実直に株や債券と言った資産に投資をするモノが一番メリットを受けられるようです。
普通預金に眠らせてる暇があったら、皆さんもじゃんじゃん投資にお金を回しましょう。

関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう