お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 新人に住居コストをアドバイスするなら。

新人に住居コストをアドバイスするなら。

職場の新人と話す機会があったのですが、地方から上京してきた後輩たちは最初は宿舎で、その後すぐ出てしまい、身の丈に合わない民間アパートに移り住んでたり、という話を何人かから聞きました。

自分だったらどうするかを考えてみました。
まずは、賃貸より、中古マンションを買います。



ヤフー不動産で、値下がりが少なそうな都内ということで東京メトロ沿線を、
そしてワンルームだと不動産投資家と供給がバッティングしそうなので、それ以上の1Kか1LDKで検索。
条件は、徒歩10分以内、築15年以内、1500万以内で、1Kか1LDKで調べてみたところ、二十平米以上で1,500万円以内の物件がいくつかヒットしました。

次は融資です。
まずは3年勤めないと融資が降りないと思うので、それまではひたすら貯蓄し、初期費用分くらいは貯めます。

検索条件としてはm、初期費用が安く済むように、事務手数料無料で調べてみたら0.775%で貸してくれる銀行がありました。というか、りそなですけどね。
りそな銀行 りそな住宅ローン(金利プラン全期間型)
これで、変動金利35年だと毎月3.8万の返済が可能です。
このクラスだと、管理費・修繕費はだいたい1~1.5万くらいです。
固定資産税も含めるとだいたい月々のランニングコストは5.5万くらいでしょうか。

いきなり買うとなると抵抗があると思いますが、別に35年もずっと払い続けるわけではなくて、持ち家なので、貸したり売ったり出来ます。
通常、経年劣化による資産価値の減少よりも、返済する方が早く残債が減ります。売るときは(相場にも寄りますが)大抵高く売れます(多分)
※賃貸だと、掛け捨てなので、そもそもプラスになることは概念がない。

で、将来、結婚・同棲したりするような状況になれば、売るか貸すかできます。
売るとしたらある程度の売却益を望めます。そしてその資金を次の住宅購入資金に当てます。

こうやって回せて行ければ、賃貸に住み続けるよりは、資産形成できると思います。

こんなことを後輩にいうと、大抵はめんどくさがられますけどね。




関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう