お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 相場・マーケット > 「ドイツとどこで差が付いた?」

「ドイツとどこで差が付いた?」

「ドイツとどこで差が付いた?」という日経記事が1/12の朝刊に載ってました。
ドイツとどこで差がついた?

同じ敗戦国としてドイツは借金ゼロにしました。
確かに借金大国の日本にいる身としては、気になるところ。
理由としてあげられてるのが、
ドイツ企業はEU発足もあり変革を模索した
シュレーダー首相は構造改革に着手
・失業保険の給付期間を短くした
・健康保険で患者負担を求めた
・年金給付の伸びを抑えた
小規模企業の解雇を容易にした
→企業は新規の採用を拡大。失業率は低下。
税収増と社会保障の改革で財政収支が改善。

・株式売却益への法人税を撤廃
→企業合併・買収や再編を容易にし、グローバル化や産業構造の変化への対応を助けた。

これらんも改革を着実に実行したかどうかの差が生じた。
しかし、シュレーダー氏は選挙に敗れ、右派のメルケル氏と交代するなどの痛みを伴いました。

安部さんが果たしてここまで痛みを伴う改革ができるかどうか、、、、。H27年度予算案からはあまり感じられません。

関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう