お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 相場・マーケット > 過熱感を判断する指標⑥~プットコールレシオ~

過熱感を判断する指標⑥~プットコールレシオ~

過熱感シリーズの流れでもう一つ気になる指標が。
私が良く聞いている日経マネーラジオのコメンテーターの土居雅紹さんが推奨している「プット・コールレシオ」。
過熱感シリーズ①で、「ブルベア指数」を取り上げましたが、これはあくまでアメリカでの過熱感指数なので、日経平均でトレードに活用したいならこちらの方が適してるはずです。

どういう指数なのか、解説をみてみることにしてみましょう。
「コール型(相場上昇時に利益を狙うタイプ)を売買している人が多いのか、プット型(相場下落時に利益を狙うタイプ)を売買している人が多いのかの割合を意味するもので、次の式で表されます。
プットの売買金額 ÷コールの売買金額 (5日移動平均)putcallrecio20154017.jpg


プット・コールレシオ
ew-img-pcratio.png
(クリックすると拡大します)

で、過熱感、トレンド転換の見方はこう定義してます。
1.プット・コールレシオの鋭いピーク → 投資家心理が弱気から強気に転換した可能性
2. プット・コールレシオが0.1を下回る水準に低下 → コールに取引集中し、相場に過熱感


で、最近では4/9に.0.1を割りました(下のチャートの赤丸部分)。
たしかにそこからは下げ基調になってます。
nikkei22520150417.png

0.1割るとかならず下がるかというと完全ではないですが、参考指標の一つとして使っていきたいと思います。


こちらの近著でも紹介されてます。
最強の「先読み」投資メソッド最強の「先読み」投資メソッド
(2015/02/20)
土居 雅紹

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう