お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 物価上昇と金利上昇とは違う

物価上昇と金利上昇とは違う

物価が上がることと、金利が上がることとは、必ずしも一致しないことが黒田日銀の方針である「物価は2%を目指します、でも国債はじゃぶじゃぶ買って金利を下げます」、で思いました。

が、厳密にはしばらこれがく理解できてなかったのですが、まつのすけさんのブログでやっと腑に落ちました。
難しいけど、名記事です。
金融抑圧で債務安定化を企図?定期預金・債券保有者は大打撃に (The Goalより)
(人為的に金利を抑えることを「金融抑圧」というようですが、「金融緩和」の対義語のように受け取れますので、個人的には「抑圧」の方がしっくりきますが。)

物価は上げつつも、金利は抑えるというのが政府日銀の大方針なのです。
おそらく真意は、国の借金の棒引きのため、という主旨の記事です。

政府が債務を膨大に抱えている以上、今後もしばらく金利を上げない(というか上げられない)、という日銀ひいては日本国政府の大きな意志が働き続けるでしょうから。

まつのすけさんが言うとおり、そういった背景を踏まえると、資産運用先は、リスク資産に投資すべきであります。
物価上昇してるから、といってなんとなく国内の金利商品(預貯金や個人向け国債(変動10年))に投資するのは、なんとももったいないです。人為的に金利が抑えられてる上に、物価も上昇しつつあるので、これを上回らない限りは実質価値は目減りするというダブルパンチです。

また、同じく物価が上昇しそうだからといって、住宅ローンを固定にするのは、論理的にはリンクしていない考え方です。
とはいえ、金利の根拠となる長期金利が人為的に抑えられてるという意味では結果的には合理的なんですが。。。


インフレになりそうなこの日本、でも金利は抑えられてる日本では、やはりリスク資産に投資する、もしくは(良い)借金をすることが合理的なんですよね。

これに理解出来た、と言う方は下のいずれかにクリックを。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
2015-05-24 12:15 
>インフレになりそうなこの日本、でも金利は抑えられてる
>日本では、やはり借金をする方が合理的なんですよね

国と同じ方向を向くなら借金はありですね。
でも、国は借金を膨らませてもなかなか破綻しませんが
個人は・・・・
2015-05-24 18:22 
ひでぼう #499
勿論、へんぴ率は気にしましょう。
というか、そもそも国のように、収入より多いローンは組めませんので、、、、。
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう