お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 個別株とインデックスファンドのコストを比較

個別株とインデックスファンドのコストを比較

w600c-e_1648184.jpg
以前、インデックスファンドは実は安くないよ、という記事を、インデックス投資のコストインデックス投資のコスト(追記)
などで書きましたが、
最近、とあるブログで「個別株は売買手数料が往復でかかるから、ランニングコストはゼロではない」、というもっともなご意見を拝見しました。アクティブファンドは高いという意見はよく見かけるのですが、個別株投資が高いというのは新鮮だったので、
当初なるほどな、と思ったところですが、実際計算してみましょう。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2014となった「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」を例として比較してみます。
2014result01.jpg

仮に5000万をこのファンドで1年間持ち続けていた場合(売買は無し!)のランニングコストは
26.5万。1億円だと、倍の53万
ニッセイ外国株式インデックスファンド実質的なコストについてより)
nisseikokusaicost.jpg

個別株の場合、SBI証券だと、
5000万のランニングコストと同等でいくら売買できるか計算してみると、20万円の株を1771回売買できます(当然ながら、1億だとその倍)。
1ヶ月だと147回の売買に相当します。
SBI証券>手数料

相当売買しない限り、個別株の方がランニングコストが低いことがよく分かります。
あきらかに先のブログの主張はミスリードですね。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
2015-07-14 09:20 
ネット証券での個別株の売買手数料が格段に安くなった現在、インデックスファンドの実質的なランニングコストの方が遥かに高くつく逆転現象が起こってますよね。

記事中でもある通り、もはやコスト面ですらインデックス投資の優位性は失われているのが現状ですね。



2015-07-15 21:06  Re: タイトルなし
ひでぼう #563
山中さん、いつもありがとうございます。

電話や対面で注文する時の値段を想像していたのかも。。。
コストの優位性を必ず言う割には個別株と比較しないのが一般的だったんですけどね。実際比較してみたら怪我したパターンですね。
2015-07-16 08:05 
コスト比較するなら同じ(ような)もの買った場合にしないと比較にならないのでは?この例なら世界各国の個別株を買う話じゃないと。せめて先進国株式ならインデックスファンドに含まれてる国は全部カバーしたいところ。
2015-07-16 19:57 
ひでぼう #566
吊られた男様コメントありがとうございます。
先の記事は、あくまで株式投資をするとしたら、それぞれの手法でのコストはどうなのか、という比較したかったのです。

世界各国を広く時価総額に応じて株式運用するには、どの手法がコストが掛からないか、を比較したい訳ではなかったので、こういう内容になりました。

2015-07-16 20:40 
そうだとすると同じ日本株同士で比べたほうがいいんじゃないかと思います。もしくは外国株同士。
また、具体的なSBI証券の手数料等を出されるなら投信マイレージもありますし(他証券も似たような制度あり)、配当課税の話なんかもあるのではないかと。
2015-07-16 21:38  Re: タイトルなし
ひでぼう #568
> そうだとすると同じ日本株同士で比べたほうがいいんじゃないかと思います。もしくは外国株同士。
> また、具体的なSBI証券の手数料等を出されるなら投信マイレージもありますし(他証券も似たような制度あり)、配当課税の話なんかもあるのではないかと。

おそらく、外国株を個別で買うとコストが掛かるのをファンドだとこれだけ安くなるんだ、というのを言わんとしてるかもしれませんが、繰り返しになりますけど、「株式」というアセットを使って資産運用する場合、それぞれの手法のコストはどうか、というのをお伝えしたかったのです。
二大勢力(と勝手に私が思っている)世界全体に満遍なく投資して、指数への連動を目指すインデックス投資派と、身近な企業をつぶさに銘柄選定する国内個別株投資派という二流派で比べてみたかったのです。

マイレージは確かにありますね。
でもそれを言い出すと、個別株だってSBIには貸株金利というのがありますから、そこはシンプルに考えてみました。
2015-07-17 06:14 
そうでしたか。
「個別株」と「インデックスファンド」とあったので、同じものを株で持つかファンドで持つかの話だと思いましたが、「個別株とインデックスファンドの比較」と読むのは間違いで「個別株とインデックス投資」のコスト比較ということで理解しました。
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう