お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 金融抑圧について

金融抑圧について

コメントもらったあきこさんのご質問に答えたいと思います。
bd4ab02d04a4085d1c988690f91d226e4cf2c0b7.jpg

以前にも書いたのですが、物価上昇と金利上昇とは違う
通常のインフレ時の自然体な状況だと、

物価上昇率≒金利上昇

なのですが、

量的金融緩和をしている現在(=これを「金融抑圧」といいます)は、
「物価上昇率>金利上昇」となり、物価ほど金利は上がりません。
日銀がガンガン国債を買っているから、です。

つまり、金利は本来あるべき状態よりも低くなっています
なので、金利は割安、逆に言うと、国債は割高、な訳ですよね。

こんな時に国内の金利商品に手を出すのは損してる訳です。
借金も本来あるべき金利よりも安く設定されてます。
固定金利であれば、長期金利、変動金利であれば政策金利に連動してますが、いずれも今は低く抑えられてる訳です。
インフレで、不動産価格や賃料は上がる事が想定される中、賃貸のまま住み続けるよりは、安く借金をし、資産価値が下がりにくい状況を享受する方が、有利に働く訳です。

ところで、
今日立ち寄った書店で、某経済評論家が改訂した新刊を立ち読みしました。
が、従来通り、個人向け国債を推奨してました。
改訂前ならまだしも、せっかく改訂したのであれば時流を踏まえて欲しかったなぁと、残念な気持ちになってしまいました。


関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
2015-08-15 12:22 
あきこ #575
ありがとうございます。
これまで物価と金利は連動していくものだと思ってました。今は国の借金が多すぎて収入を増やして支出を減らしたいゆえのことなんですね。時流を読んで上手く立ち回るのは難しいです…(~_~;)
2015-08-15 14:13  Re: あきこさんへ
ひでぼう #576
「税収増やして、、」ってのは建前だと思います。
本心としては、借金の利払いを抑えつつ、借金の希薄化→デフォルト、を狙っているのだと思いますよ。

Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう