お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 読了「ニュータウンは黄昏れて」

読了「ニュータウンは黄昏れて」



以前紹介した「狭小邸宅」に次いで不動産クラスタ界隈で話題になってたので読んでみました。


バブル絶頂の頃に6.9%と言う高金利で某ニュータウンの団地を購入し、その後資産価値が大きく下がったり、建て替えするか修繕かで理事会で揉めるなどという住まいにまつわる悲哀を描いた小説です。

細かい背景・周辺の描写からすると、おそらく私の生まれ育った団地ドンぴしゃです。
それだけリアリティがあります。

不動産的視点でみてみると、
・借り換えすればいいじゃん、と思ってたのですが旦那さんの給与が激減したため、軽く銀行に断られます。年収が下がると借換すら出来ません。まさに負のスパイラル。
・やはりバス便は資産価値が下がりやすいというリスクが紹介されてます。地方やNTは車社会だから大丈夫、という意見があるかも知れませんが、年老いてから運転ができなくなってからは一気に不便になってしまいます。資産価値の目減りとのダブルデメリット。
・高金利時に、しかも元利均等払いを選択すると、なかなか元本が減りませんので注意が必要。


示唆に富む内容かつ身近な話と言うこともありぐいぐい引き込まれて読み終わりました。お奨めです

関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
六十歳代の逃げ切った世代も住んでる場所は悪いよね……。:ニュータウンは黄昏れて
本読みの記録 #88  2015-09-23 23:39
ニュータウンは黄昏れて (新潮文庫)作者: 垣谷 美雨出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2015/06/26メディア: 文庫 不動産関係のTwitterで話題になった一冊。 早速読んでみました。 物語の舞台は郊外バス便のニュータウン(モデルは多摩ニュータウン)。 バブルが崩れかかった90年台前半にニュータウンを中古で購入した一家が主人公。 5,200万円で購入(住宅ローンは年利6.9...
Copyright © ひでぼう