お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > Wローンをフラット35Sを借りるメリット・条件

Wローンをフラット35Sを借りるメリット・条件

前の記事は出勤直前だったので駆け足で書いてしまいましたが、もう少し落ち着いて書いてみたいと思います。

そもそもベースにある考え方としては史上最低とも言える金利の低いこのタイミング、政府日銀が(インフレを指向しつつ)金融緩和をしているということは、物価は上がるかも知れませんが、金利は当分上がり得ないということです。こういった情勢の時にどうをすべきかというと借金をすることが一番合理的と考えます。
(逆に、最も良くないのは(国内の)金利商品で運用すること。)(←経済評論家の山○元さんがこれを読んだら卒倒しそうです)

自分の今の状況で考えると、仮にフラット35Sが1%優遇されるとなった場合、今のマンション(残債有り)を賃貸に出し、新たにフラット35Sで中古を購入するというのが良いんじゃないかと思ってます。

この、敢えてWローンにするメリットはなにかというと、

・まずは金利の低さが最高レベルであるローンを使える。
→フラット35より1%も金利優遇を受けると言うことは、現時点で言うと、金利が約0.5%になるということです。
当初10年とはいえ、最安値のネット専用銀行と同等レベルになります。しかもネット専用銀行は変動金利ですが、フラットは固定!
・購入物件の価格帯に寄りますが、最大枠までの住宅ローン減税を享受できる
・賃貸に回したマンションは繰上返済してもローン減税は減らない(新規で購入した実需の方がローン減税の対象となるため)
・直近まで今の自宅を賃貸に出してたので、相場が分かってます。ほぼ確実に、賃料収入>(ローン+固定資産税)となる。繰上返済したら更にこの差が広がる
・賃貸事業を行うため、経費が認められる
・ただ借金が増える、と考えるのは早計で、バランスシートで考えれば分かると思うのですが、裏付けある資産もそれだけ増えます。


今度、今借りている銀行に、賃貸に出しても問題ないか、またフラット35Sを借りる条件(頭金の割合、団信の加入が必要か、浴室の手すりは購入後設置でも条件を満たすのか)とかを聞いてみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう