お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 相場・マーケット > 民主党が批判する年金運用について

民主党が批判する年金運用について

年金運用で民主党のとある議員が先日国会質問してました。
おきまりの、「株価が下がったから貴重な国民の年金資産が○億も失った」、というもの。
こういった指摘をしてるということは裏を返すと無リスク資産である日本国債で100%運用するべし、ということになります。
が、このタイミングで言うとなると、ほぼ利回りゼロ、もしくはマイナスの利回りになりかねない日本国債で運用しろ、ということになりますが、おそらく彼らは理解してないでしょう。自身で運用したことなんてないでしょうから。
相変わらず民主党は痛いです。

また、年金の株式直接投資の是非が取りざたされてますが、前から思ってたのが逆に運用を委託する必要ってあるんですかね?
インデックスを買うだけなら直接買い付ければいいだけだと思います。
個別株に投資すると議決権の問題が発生して懸念がでてくるかもしれませんが、インデックスならそういった問題無さそう。
コストを減らせればそれだけ運用成績も上がりますからね。そこを批判する民主党ってほんとなんなのだろうか。。。

民主党様には是非「株価が下がって年金が損をした」、ということではなくて、「こうすれば株価上がるのではないか?」、という提案型戦略に代えた方が国民受け良いと思うんですが、如何でしょうか?

関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう