お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 自宅購入 > 不動産売買の仲介手数料をほぼ無くす方法

不動産売買の仲介手数料をほぼ無くす方法

常々不動産の仲介手数料は高すぎると思ってたんですが、こうやったら節約できるという考えを勝手に書いてみます。
(高いと思う理由は、
・法定されてる仲介手数料はあくまで「上限額」なのだが、現実はその上限に値段が張り付いている
・価格競争が働いてない(つまりカルテル状態)
・同じ作業量なのに物件価格に比例して高くなってしまってる
などなど)
手順としては以下の通り。

まずはコネを伝って宅建業者をみつける。

募集チラシを見て、内見をやっていれば見に行く
orオープンルームしていたら現地までいき場所を特定する
or登記簿も利用

物件を特定できたらポスティングなどして売り主に「直売しませんか」、と手紙を送る

その際、「知り合いの宅建業者使うので、実質仲介手数料がほとんどかからない分安く抑えられる」旨を伝える

もっと踏み込むなら移転登記も自分でやる(法務局職員に聞けば丁寧に教えてくれる)

以上で、売却や購入でかかる3%の仲介手数料がおおはばにディスカウントできると思います。
金融機関は自分で探せば良いだけです。

問題は、専任媒介契約を結んでいる場合。
勝手に買い主を見つけた場合はそれまでにかかった経費を支払わなければならないことです。
このやり方はこの点がネックです。
1回解約できればいいんでしょうけど、そう上手くいくかどうかが欲分かりません。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう