お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 空中族を特集したクローズアップ現代見ました。

空中族を特集したクローズアップ現代見ました。

先日の不動産を特集したクローズアップ現代見ました。
追跡!タワマン「空中族」~不動産“バブル”の実態に迫る~.
20160519_2252492_0001.png

ただ、内容が、実需不動産と収益不動産とが変わる代わり出て来て、少し分かりにくかったです。前半と後半で住み分けて整理した方が良かったかと。

実需の話でいうと、豊洲を中心とした湾岸エリアのタワマンを移り住む人たちを空中族と呼んでました。
不動産熱が高まっているのと特に湾岸エリアはタワマンがドンドン建設さえれており人口流入が進み不動産価格が高騰しているため、移り住む毎にキャピタルゲインが得られ、それを頭金にさらにグレードの高い物件に移り住むことが可能となります。

実は私の自宅も買った時期が震災直後と言うこともあり5年住んでも「買値+リフォーム代」を足し合わせた金額より高く売れそうです(何社か査定出して裏も取ってます)。
なので、実は私も結果的に、今売ろうとしてますけど、まさにこの空中族と同じ事をしようと思ってました。私の場合は、タワマンではなく低層マンションの低層階なので、「低空族」になりますけど。

ただ、この手法、注意しないと行けないのは、不動産市況が逆回転したらそこで行き詰まります。

強いて対処できるとしたら、相場より安くか、手数料を抑えつつ、都心で駅近物件を探すことではないでしょうか。そしたら次の好況時までには資産価値がそこまで下がらないで売れると思います。


関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう