お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 読書 > 不動産投資本を二冊紹介

不動産投資本を二冊紹介

先日書店いった際不動産関係の本を衝動買い、まとめ買いしてしまいました。

その中で、今読んでいるのがこの本。
嘘、と書いてますがますが、真実に迫ってます。
良書だと思います。
節税方法や法人化するメリット・目安、出口戦略、など押さえておくべき点がきちんと論理的に説明されてます。


その直前に読んでいたのは、こちら。

ですがちょっといまいちでした

不動産というか、ワンルームマンションを買い進め、という内容。
出口戦略なし。
しかも最初はマイナス運用。でも節税になると。
さらに自己資金がたまったら繰り上げ返済すればプラスになると。。。
この辺りは前者の本でも指摘してますが、他人資本で運用するのが不動産投資のだいご味なので、自己資本入れて何とかプラスでは何のためにやっているのかわかりません。
あとは、最初は10万で始められるとか。。。。
フルローンが出るならまだしも、通常は手付金、登記費用は司法書士代、金融機関への保証料、火災保険など、いくらワンルームで少額とはいえども6~7%は諸費用だけでかかります。

あまりにも対照的だったので、両極端の二冊を紹介してみました。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう