お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 時事 > 私が都ファ代表だったら

私が都ファ代表だったら

小池さんが都知事に当選してからの政局運営は見事だったと思います。
猪瀬、舛添の後ということもあり、なおかつ女性ということもありクリーンなイメージで受け入れられ、人気があった。
・マスコミもハネムーン期間のため追及が甘い
・自民党都議を印象操作により悪役に仕立て上げた。
・自民の対立軸ないなか受け皿の政党を作った
・その結果、都民ファーストが大多数を占めた
・豊洲移転問題が大問題になったが、どっちも活かすという案を提示し、お互いに好い顔をでき、なおかつ、細かい質問は時間切れで締め切った
・都議会でも都民ファーストの議員は甘々な質問しかしない(二元代表制の崩壊)


ただ、さすがにそろそろ批判的な記事が出始めたので、私が野田数代表だったら、
・かん口令を敷いて、マスコミ対応用に想定問答を配ったのがばれたので、むしろドンドンメディアに喋らせる
・私はAIというとんでも発言を是正するために、政策決定過程の文書を積極的に開示する。
 予想通り文書はないのであれば、真摯に謝る。
・外部有識者とは縁を切り、本来のボトムアップで都庁職員の意見に耳を傾ける
・選挙で選ばれてないのに都民ファーストを牛耳ってる代表の野田を首にし、選挙で選ばれた都議会議員を代表に据える。

これくらいは最低限しないと、近い将来、舛添・猪瀬レベルではない相当激しいバッシングを小池氏は浴びると思います。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう