お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 読書 > 読了「住んでみなければ絶対にわからないタワーマンションほんとの話」

読了「住んでみなければ絶対にわからないタワーマンションほんとの話」

タワマンに特化している珍しい本です。
こちらを最近読み終えました。


以前から個人的に気にしていた心配面について整理してみました。

〇大震災があると、EVが止まって不便なのでは。
〔書籍〕三日分備蓄しておけば良い
〔私〕備蓄以外でも階下に降りたい用事あるだろうし、必ずしも部屋にいる時の被災に限らない。なのでやはり不便であることには違いない。

〇湾岸エリアは、液状化のおそれがある:
〔書籍〕心配あるが、インフラの復旧は早い
〔私〕(逆に捉えれば)復旧は早いかもしれないが、その間はインフラが使えないという心配はある。

〇エレベーターが混雑する:
〔書籍〕通勤ラッシュ時以外はそうでもない
〔私〕毎日使う時間帯はやはり混雑する。肯定的な内容を最後にもってきただけ。

〇修繕費が高くつく
〔書籍〕高くつくが快適に住むための必要経費
〔私〕積立金だけでなく、足場が組まなくて高くかかりそうな修繕費の記述がなかった。

〇エントランスが2Fというのは時間がかかる
〔書籍〕豪華に見えてよい
〔私〕地上からホームまでも遠く、EVも混むなど、ただでさえアクセス面で不利なのに余計に時間かかる。

〇健康に影響を及ぼす
〔書籍〕統計データだけで科学的な原因が示されてない、標高が高い所に住んでる人は皆不健康になるはず。
〔私〕統計データが示してる時点で心配すべき。標高が高いだけでなく、常に細かい揺れがあることも考慮すべき

と、気になる不安点は、払しょくできなかった。

ただ、これ以外の多くのメリットがあるのも事実なので、総合的に各自が判断してほしい。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう