FC2ブログ

お金にまつわるブログ~株・REITを使って配当生活へ~

親に薦められた投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 「マンション選びは究極のところ「資産価値」に行きつく」

「マンション選びは究極のところ「資産価値」に行きつく」

よく読ませていただいているマンションブログ「スムログ」の中で、三井健太さんの記事で紹介したいものがありました。

賃貸よりもマイホームがおすすめな理由の一つと主張しているものです。
第92回 マンション選びは究極のところ「資産価値」に行きつく

住宅ローンはいやでも返すしかないので、いつの間にか残債は減って目に見えない形で資産ができて行きます。これを、いわば「住宅ローンは強制貯金のようなものだ」と説明した人がありました。金利が安い今日、毎月の返済は大半が元金返済に回るので、着実に資産が増えて行くのです。

マイホームを、住宅ローンを利用して購入すると、ローンが完済できた暁には何がしかの資産が残るわけですから、賃貸マンションと比較すると「購入」に軍配が上がります。


再三わがブログでも訴えているのですが、なるべく若いうちから資産価値の高い物件を取得し、それがゆくゆくは資産となるので、早めにマイホームを買うべきだと思います。
できれば完済するのが理想ですが、なかなか時間がかかるため、残債がある程度減ったら差額分を頭金に拠出して、買い替えるのが有効かな、と思います。
賃貸物件だと安く済むし、自由度が高い、という向きもありますが、上記運用のやり方もある訳です。
ましてや物件自体がショボいので、そこに長い人生時間過ごすという負の側面も考慮すべきじゃないかと思います。

関連記事

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう