FC2ブログ

お金にまつわるブログ~株・REITを使って配当生活へ~

親に薦められた投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 時事 > 飯島勲(小泉総理元総理秘書官)も小池大バッシング

飯島勲(小泉総理元総理秘書官)も小池大バッシング

この記事もヤフーアクセスランキングで1位になってました。
小泉首相の総理秘書官をやられたた飯島勲氏のコラム。彼はまじかに小池さんを見てきた人です。
おい、小池!おい、小池!おい、小池!!

〇小池のウソは、確信犯だ。小池は、東京都知事選挙で、「東京をアニメランドにする」「通勤電車を2階建てにして満員電車をゼロにする」と都民に約束していたが、その約束はまったく履行される気配がない。
この行動を合理的に説明しようとすれば、その場でメディアに取り上げられさえすればいいと思っているからだとしか考えられないのだ

〇小池の都政運営はどうなのだろうか。知事就任からまだ1年と少し。知事として何もできていない。豊洲市場問題などは、大騒ぎした揚げ句に、舛添要一前知事時代の計画に逆戻りした。市場問題とは、小池が騒ぎ立てたことで丸1年分、計画が遅れただけではなかったのか。

〇小池が自らの実績として主張する待機児童問題にしても、他の道府県に比べれば努力が足りていない。児童1人を1カ月預かるコストは約20万円だといわれているが、東京都では約40万円(板橋区・0歳児)かかっている。コスト削減に手をつけず、カネに任せて解決することぐらい誰にでもできる。

〇橋下の政策についてかなりの批評をしてきた私ではあるが、自分のその場その場の主張についてそもそも辻褄を合わせる気がない小池に比べ、国民に対して、何より自分の言葉に対して誠実に向き合っている印象を受けている。

小池とは小泉純一郎政権以来の付き合いだが、どう考えても自民党側から「仲良くしましょう」などと言って相手にするような人物ではない
他の人が必死で仕事をしている最中に「ぜんぶリセットします」などと、やられたらたまったものではない。

以上。
都知事を国政のステップにしか考えてないこの悪魔に少なくても都民は気づかなければならない。
この悪魔が仮にこの衆院選に大敗したところで、都のトップであり続けるのは気持ちの悪い冗談でしかない。
関連記事

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう