FC2ブログ

お金にまつわるブログ~株・REITを使って配当生活へ~

親に薦められた投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 自宅購入 > のらえもんさん基準で20代用住居を調べてみました。

のらえもんさん基準で20代用住居を調べてみました。

マンションブロガーのらえもんさんが「独身の20代サラリーマンって、そもそもマンション買っていいものでしょうか? のらえもんさんは反対されます?」というbizSPA!フレッシュ編集部からの質問を記事にしておりましたので、興味深く拝見。

20代の独身サラリーマンは家を買うべき?住宅選びの鉄則は“4つ”だけ
ご主張については激しく同意&新たな気づきもいただきました(「23区内周部」という定義付けやリノベ物件はダメ、という点)。
23区内周部とは、他県に接してない区のことを言うそうです。(足立、北、杉並、練馬、板橋、世田谷、大田、江戸川、葛飾以外の14区)
ここまで素晴らしい記事ではないですが、私も以前似たような記事を書いてます。
就職したての住まい探し

ただ、唯一「違うかなぁ」と思ったのが4000~4500万をアッパーに考えてる点ですかね。
ちと20代の給与では厳しいのでは。
相当アッパークラスでないと。
で、のらえもさんの提示された条件でもう少しリーズナブルな物件を私なりに探してみました。

エクステ東大島 3080万円(2LDK)
エクステ東大島

都営新宿線「東大島」駅【徒歩7分】2003年3月築。
大手町まで20分、新宿まで25分ほど。
0.5%変動で借りたら月々の支払は8万弱。修繕管理費2.2万
そしてローン減税対象なので、月に均すと2.5万ほど10年間控除受けられます。固定資産税入れても10万前後の支出になりそう。
勿論生活環境が変わったら売ってもよいですし、賃貸に出してもよいと思います。少なくても賃貸住まいよりは人生の選択肢が広がります。「売却した時の売値マイナス残債」がすなわち資産となります。

私も賃貸に10年以上住んで1000万以上をどぶに捨てましたので、早めに条件に適ったマンションを購入することをお勧めします。
関連記事

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう