FC2ブログ

お金にまつわるブログ~株・REITを使って配当生活へ~

親に薦められた投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 金融庁の報告書を見れば老後は持ち家が有利と分かる

金融庁の報告書を見れば老後は持ち家が有利と分かる

話題となっている金融庁の有識者による審議会報告書
試算されている住宅費って、なんと1.36万なんですよね。
高齢夫婦無職世帯
これは老人は持ち家比率が多いから、ということらしいです。

2000万貯めるのも大変ですが、持ち家で貯めるという戦法もあるようです。
住みながら投資をすれば老後資金2000万円を貯めるのは難しくない【マンションマニア】

それに、生活コストを下げるのも同じく重要です。
その中の住宅費を低く抑えるにはやはり持ち家のローンを高齢になる前に完済しておくことだと思います。
完済できてれば固定資産税・管理費・修繕積立金(マンションの場合)だけで済みますので、賃貸よりも大幅に住宅費を圧縮できます。
逆に賃貸だときゃしゅフローで不利なうえに、長生きすればするほど費用は嵩むし、賃貸住宅を借りるのも高齢になるほどどんどん不利になりますので、はっきり言って一つもイイことなしです。また持ち家ならリバースモーゲージローンも借りれます。
これを突き詰めれば、なるべく若いうちに持ち家を買った方が良いという帰結になるのです(その際、資産性の観点は大事ですが)。
関連記事

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう