お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 不動産投資までの歴史 > ・・・と思ったら

・・・と思ったら

昨日の入居留守電を聞いた後、1つ一抹の不安が頭をもたげてきました。

実は不動産屋に依頼をした時、資料を持っていなく、記憶の限りで家賃とかを記入してました。
で、店員には「記憶に自信がないので、家に帰ってちゃんと家賃額は確認して、違ったら連絡します」と。
また「連絡は基本的にメールでやりますが、平気ですか?」というやりとりをしてました。
対応してくれた店員もはきはきとした受け答えだったので、信頼できそうと思わせてくれました。

家に帰り、家賃額を確認したら、数千円間違ってたことに気付いたので、早速不動産屋にメールを

で、昨日申し込み。
家賃額、ちゃんと訂正した値段で伝えてくれたかな・・・。
今日確認したら、対応した男性店員じゃなく女性店員が電話に出たのですが、しゃーしゃーと契約書に書いた金額ですよ、と言われ、ぶち切れ
でも口調には出さず、「そのままの金額では困るので当初金額との間辺りで交渉してくれ」、とお願いしました。
結局今日は申込人とコンタクトは取れなかったそうで、家賃誤報問題は明日に持ち越しました。

なかなか一筋縄ではいかないです・・・。

いままでやりとりして感じるのは、不動産屋って基本的にコミュニケーションを円滑に取るのって難しいです。
わたしなんて、きっと数いる大家の中のたった一人、なんでしょうからね。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう