FC2ブログ

お金にまつわるブログ~株・REITを使って配当生活へ~

親に薦められた投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > アーリーリタイア後の税金を考えてみた

アーリーリタイア後の税金を考えてみた

早期退職したら基本的には配当所得に頼らざるを得ないのですが、シミュレーションでは税金20%を引いた手取りで考えていました。
が、実際は総合課税にして申告すれば所得控除(基礎控除(38万)、社会保険料控除、寄付金控除、医療費控除、小規模企業共済等掛金控除など)、そして税額控除(住宅ローン控除)が受けられます。
ということで、確定申告すれば、配当金から源泉徴収されていた税金が還付されます。

私の場合、幸か不幸か住宅ローンもたっぷりあるため、これらの控除を駆使すれば(おそらく)私くらいの配当金ならほぼ税金払わずに済むはずです。
所得・税金が引ききれなくなったら開業届をだし、資産管理会社を立ち上げて青色申告特別控除や、そのほか様々な株式投資に関連する経費や減価償却も計上できるはずです。

住民税は所得税と仕組みが違うので、勉強中。。。
住民税では13万5千円が上限額として定められている」とありますね。
「住宅ローン控除(減税)」の基本と計算方法
「課税方式選択の申告」をして、さらにローン減税で所得税から引ききれなかった場合って、所得割も免除で、配当所得で源泉徴収された分まで還付してくれるのか?
が最大の疑問点。
関連記事

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう