お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 不動産投資までの歴史 > 家屋調査と不幸の手紙

家屋調査と不幸の手紙

本日、仕事はさぼり有給を取り、都税事務所から督促が来ていた家屋調査の立ち会いに行ってきました。
当初来てた手紙では色んな必要書類を用意するよう書いていたのですが、昨日電話で聞いたところ最低平面図があれば大丈夫、とのこと。
現地ではキッチンをメジャーで測ったりと、あれこれ見て回ってましたが、見たのは一室だけでした。他の部屋も同じような間取りですよね?という質問にイエスと答えたからでしょうか。

で、いくらぐらいになりそうですか?とダメ元で聞いてみると「もどって計算してざっくりした数字で良ければ連絡入れますよ」と。
手際が良いですね。一年間で200件くらい回るそうです。

で、お別れして数時間後には、携帯が鳴り、固定資産税と不動産取得税の概数の連絡が!
取得税20万、資産税9万とのこと。うーん、高いんだか、安いんだか。

そして家に帰ったらポストに東京電力から郵便が!!
開いてみると、引き渡し後からの電気料金の請求書でした

空室分と共用部のものでした。

TEPCO.jpg


関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう