お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 不動産 > 不動産投資までの歴史 > 資金タイト!!

資金タイト!!

年度末。
ブログネタに困ることがありません。色々起こります。

まず、近況ですが、確定申告作業が細かい点で分からないこと山盛りです。
税理士に頼むほどの余裕もないので、明日休みを取り、税務署に聞きに行くことにしました。
ただ、ある程度の還付額が見えてきました。相当還付受けそうです。まぁそれだけ支払ってきたってことの裏返しですけどね。経費算入って、意外ともっとできそうです。税金って、勉強すればするほど返ってくる分野ですね。

さて、本題。

今月になり、支払いを延ばしのばしにしていた、「引き渡し後の修繕費」と「コンサル費」の支払期限が来てしまいました。

さらに追い打ちを掛けるように、不動産取得税も。

取得税については以前分割が可能である、と家屋調査に来た税務署の人が言ってたので、早速通勤途中の歩きすがらに交渉してみました。

どの職員から聞いたんですか?とまず聞かれました。それ聞いてどうすんだと思いながら、「覚えてません」と答えました。
次に、「極力3月中には払っていただきたいが、何か理由があれば、相談に乗ります」、というような回答。あくまで、例外的な扱いだそうです。

その上で、「いくらの支払いにしますか?」という逆質問を受けました。
いくらをいつまで遅らせられるのか、という情報がまったくないので、なんと答えてイイか分からず、逆に捉えると、その辺りの自由度は高いってことです。
いくらまでなら可能か?と、こちらも更に質問し、3月は支払いが続くので、極力次の月に先延ばしして欲しい、とお願いしました。できれば5月末までの分割で。

そうすると、調べて折り返します。というので、念のため延滞料みたいなのがあるのかを聞くと、「延滞1ヶ月だと4%程度。それ以降だと14%」と言われ、転進。

私が契約してる簡保を担保とした融資だと2%台で借りられるので、それで充当することにしました。
まぁ、14%といっても、あくまで年利なので、一月程度であれば1000円ていどとのことですが、無駄な出費であることにはかわりないので、結局は法定期限内に納付することにしました。

そもそもこんな事態にいたった原因は、
当初プランからの仕様変更、予想以上の空室の長さ、賃料の値下げ、敷金礼金の値下げなどなどです。
相当厳しい状況ですが、なんとか好転させていきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう