お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 読書 > 『低位株必勝ガイド』

『低位株必勝ガイド』

昨日は久しぶりに不動産投資家(卵含む)で集まりました。
忙しい中来て頂いた参加者には本当に感謝いたします。
ただ、半個室を予約したつもりが普通のオープンスペースだったり、人が揃ってないのに時間通りきっちり2時間で追い出されるなど、お店の対応がいまいちなのが残念。今度は厳選したお店でやりたいと思ってます。
また予定の人が3人も連絡もなく欠席と、後味の悪い事がいくつか。。。
しかし、ためになる話も色々聞けました。言えませんが。

で、本の紹介。
前から読もう読もうと思ってたのですが、やっと読むことが出来ました。
こちら↓


年に1度は大噴火! 2倍、3倍当たり前!! 低位株必勝ガイド―毎年上がる銘柄は決まっている年に1度は大噴火! 2倍、3倍当たり前!! 低位株必勝ガイド―毎年上がる銘柄は決まっている
(2009/11/28)
吉川 英一

商品詳細を見る


今までの株式運用というと、東証1部で、流動性があって、優良・有名企業を買うことを是としていましたが、これはそれをイイ意味で覆してくれる内容。
仕手株というとよく分からないながらもうさん臭いイメージがあったのですが、こういうやり方もあるんだなぁ、と納得しました。
この本で紹介された手法で今度スクリーニングし、個別銘柄を購入していきたいと思います。
<以下メモを>
○低位株のメリット
・値幅が取れる(50円が100円になるのと、値がさ株5000円が1万円になる可能性は前者の方が高い)
・値幅制限が緩い(ストップ高30%。値がさ株は10%まで)
・少額資金から投資可能
・多くの株数を取得できる
・相場全体が反転後は下値不安が少ない
・配当利回りが高い
・提灯買いで意外高(相場が予想外に高くなること)になるケースが多い
・少しの買いでも簡単に需給バランスが崩れる
○守るべき13箇条
飛びつき買いをしない
押し目買い
出来高少ない日に買え
暴落時に買え
株は投資資金の6割まで
買付は1000株端野ピラミッド投資
場帳をメモる
グラフを書く
出来高が最も増えた日に売る(←その日が最も増えたかどうかは、後でしか分からないですが・・・)
5割上昇で半分売り、倍増で8割売り
相場転換点を月足5年チャートでチェック
損切り基準は買う前に決める
休むも相場

<銘柄メモ>
※東証1部銘柄群
石井鐵工所
(株)宇徳
大東紡織
中国工業(株)
ホクシン(株)
(株)ツカモトコーポレーション
共栄タンカー(株)
東洋精糖(株)
日本橋梁(株)
東都水産(株)
イワキ(株)
大同工業(株)
コープケミカル(株)
椿本興業(株)
※東証2部銘柄群
椿本興業(株)
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
2010-06-07 23:53  管理人のみ閲覧できます
#100
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう