お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 野村での注文方法について苦言

野村での注文方法について苦言

ちょっと某大手証券会社への愚痴です。

先週、日中に何度か野村證券から電話がかかってきたのですが、ばたついてたのでその電話に出れずにいました。
今日やっと仕事の合間に廊下から電話を入れ、担当の名前を失念していたため、ゼロから説明し、担当に繋がるまで5分程度永延と待たされました。

外債が満期を迎えるため、今後円転するか、外債をまた購入するか、という内容でした。

もちろんこの円高・豪ドル安の時期に円転する訳がありませんので、引き続き債券での運用したいと伝えたところ、「本日は受付時間を過ぎたので、明日以降また現在保有中の債券価格をお伝えするために連絡するので、その際に新発債の注文もして下さい」と。

このご時世電話以外でも手段はあるんだし、日中はなかなか席を外して仕事以外の電話はしにくいためメールでできないか、と提案してみたら、駄目の一点張り。我ながらイヤな客とは思いつつも、できない理由を聞いても、個人情報うんぬんはありましたが、できないの一点張り。で、それ以上の説明はなく結局要領を得ず。向こうの店員も若干切れ気味。
でも目論見書はメールで送ってくれるんですけどね。

結局他に選択肢が提示されない以上、明日の野村証券からの電話を待つことに。

オンライン証券ではネットで注文なんて当たり前なのに、天下の野村證券は何故できないのでしょう?
しかも納得できる説明もしようともせず、という愚痴っぽいクレーマー的な記事となってしまいました。

でも、債券は充実しててオンラインの会社とは比べものにならないくらい豊富なんですよね~。


関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう