お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 短期豪ドル債オープンについて

短期豪ドル債オープンについて

またしつこく債券ネタです。

ちょうど先程の記事を書いた後に下の広告を見てみると以下の商品が掲載されてました。
「短期豪ドル債オープン」(エース証券)


何と毎月の分配金が100円(1万口当たり)!!
この円高の影響なのか、基準価格はだいぶ下がっているとは言え、1万円で年間1200円が分配されているようなもの。なんと年利12%(税引き前)。しかも今現在基準価格は8000円程度なので、さらに高利回りです(約15%)。

構成銘柄を調べるために目論見書を見てみると、ほとんど豪州の高格付けの公社債に投資しており、利率も5~8%の商品が組み入れています。
さらに信託報酬も1%引かれてます。
それが何故12%に化けるのか。。。
基準価格が下がってるのに分配金は増えてるという矛盾。

私の拙い知識では理解できません。。。
詳しい人に教えてもらったところ、次の理由ではないか、とのことでした。

①為替レートが、ここ2年ほどは豪ドル円は円安傾向があったので、
為替差益を分配していた。

②元本までも分配していた。10000円→1年後、債券の利回り込みで10500円。これを1ヶ月100円で分配したら、9300円になります。
この場合は、元本までも分配しているので、意味がない分配となります
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう