お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 読書 > 『資産運用の強化書』

『資産運用の強化書』

資産運用の強化書 (Modern Alchemists Series No. 70)資産運用の強化書 (Modern Alchemists Series No. 70)
(2008/12/05)
角山智

商品詳細を見る


よくまとめられた良書でした。
パーツパーツでは聞いたことある話が多いですが、まとめて語られると頭に入りやすいです。

以下気付きの点をメモ。

【バリュー株投資への注意点】
・業績がじり貧であり、収益の向上が期待できない
・同族経営などコーポレートガバナンス面で問題がある
・流動性が乏しく大口投資家から敬遠される

【炭坑のカナリア指標】
1.逆イールド(^TNX-^IRX)出現後、日本株は下落する
2.IYR(米国REIT)-IEF(米国債ETF)がマイナスは不動産バブルの兆候
3.銀行株(^BKX)は株の先行指数
4.クレジットスプレッド(HYG-IEF)の利回り差が広がると信用不安が広がる
5.恐怖指数(^VIX)が40を越えると相場は大底をつける
6.GSGが急騰すればインフレ懸念


上記の指標をチェックしつつ、市況が悪くなりそうな指標が出てきた場合は、まさに「休むも相場」で、投資を控えるのも大事な戦略になりますね。
この本でも実際のデータでそれを立証しております。
それらを鑑みると、毎月積立のインデックス投資法は、若干懐疑的ではあります。

(参考:米国ヤフーファイナンス)
http://finance.yahoo.com/
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法
幸福のゴールドサイン #29  2010-09-24 19:05
今田信宏のサイトサラリーマンが収益不動産投資でリタイアする会 実践不動産投資家...
Copyright © ひでぼう