お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 読書 > 『株よりやさしい不動産投資信託入門』

『株よりやさしい不動産投資信託入門』

今日はテニスの予定もこの雨で中止となり、しかも夜のスクールもお休みなので、一日家に引きこもる予定です。

ただ、買い出しと図書館には行かなければならないので午前中のみ雨の中外に行かなければ。。。
返しに行くのはこちら。
株よりやさしい不動産投資信託(J‐REIT)入門株よりやさしい不動産投資信託(J‐REIT)入門
(2005/01)
伊東 尚憲

商品詳細を見る


リート(ETF)を購入したこともあり、また個別銘柄も検討したいと思ってた所で、一度基本書くらいは読んでおこうかな、ということで借りてみました。

ただ、2004年の本なので、情報は少し古いのです(とうじはまだ銘柄数が少ない)。

気になったのは指標。
FFOとNAV
FFO倍率はFunds From Operation
という利益を使う。当期純利益に減価償却費を加えて、更に不動産売却損益を控除したモノ。その意味はリートの実力は、毎月のCFであり、臨時に発生する売却損益とは区別するため。
(収益還元法に近い考え方か?)

NAVは、Net Asset Value(純資産価値)のこと。
帳簿上の価格ではなく、実勢価格での資産評価を使う。
J-REITは、期末毎に不動産鑑定士に依頼して鑑定評価額を取得しています。
この価格と帳簿価格ベースの保有資産額合計の差に注目する。

純資産額+(鑑定評価額合計-帳簿価格合計)でこれを簡易NAVとし、一口当たりのNAVを株価と比較する。

・・・とありますが、この辺の説明は具体例が無く、さらっとした説明だけで掘り下げてないので、ちょっと分かりにくいです。

むしろ、こちらのHPは図解入りで分かりやすい。

J-reit ABC

vol8_01.gif


vol8_02.gif
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう