お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 外国株インデックスファンドの活用法

外国株インデックスファンドの活用法

今、保有株をマネックスからSBI証券へ移管作業してます。
これによって貸株金利が0.2%→0.3%と、若干上がります。

その作業していてふと、気付いたことが。
今積み立てている投資信託の2本(STAM株式インデックス(先進国)とeMAXIS新興国株式)を放置しているという事実に。

現在、同様に外国株式指数連動型のETFも国内市場で取引できるので(上場インデックスファンド海外先進国株式上場インデックスファンド海外新興国株式)、このETFにリレー投資をして、貸株に入れたいと思います。

この二つのインデックスファンドの信託報酬が約0.63%。これが先のETFだと0.35%に。
更に貸株金利が付くので+0.3%
実質ランニングコストが-0.63%引かれていたのが、ほぼゼロに改善されることになります。

もっと早くからやってれば良かった!
ちょうど、この記事を書いてたときに梅屋敷さんのブログで新しい海外株式上場投信が紹介されてました。三菱UFJ投信 : 『MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信』

こちらは信託報酬が0.2625%!!
更にお得です。

さらに裏技として、このETFはMAXISブランドなのでカブドットコム証券ならば無料で購入できるかも知れません(※未確認)
リレー投資の際は、カブドットコムで買い、SBI証券に株式移管し、貸株に入れる、という最も低コストな運用も可能(※未確認)
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう