お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 株価指数CFDについて

株価指数CFDについて

日本株だけに投資するのでは、日本市場全体が冷え込んだときが心許ない(バブル崩壊後の失われた10年など)。

東南アジアが絶好調という話も聞くと、そちらにも投資先を振り分けたいという気持ちが。
けど、他国に投資するとなると、、、投資信託だとコストが高いし。
ETFだと、米国、中国、インド、韓国、ブラジル、南ア、ロシアくらい。

またそもそも現物株だとレバレッジが利かせられないため値幅が取りにくい。

これらを考えたとき、解決してくれそうなのが、前から気になってたCFD

先日開設したSBI証券で探してみると、株価指数CFDだと10カ国強あり、かなり魅力的。
ただ、東南アジアはありませんでした。先進国メインです。
株価指数CFD銘柄一覧はこちら

おっと、買いポジは金利支払いが生じると。。。
(以下引用)
金利調整額について
株価指数CFDにおいては、ニューヨーク時間(米国東部標準時間)午後5時(東京時間午前7時、夏時間午前6時)を基準に ポジションを持ち越した場合、次のような計算式に基づき金利調整額の受払いが生じます。

1日あたりの金利調整額=
(保有するCFD数量×当該CFDの終値÷ティック・ファクター×金利)÷365(英国および豪州)または360(それ以外の国)

※外貨建てCFDの場合は、上記の式にコンバージョン・レートを乗じ算出されます。
買いポジションを保有する場合 ・・・ 支払い
売りポジションを保有する場合 ・・・ 受取り
(引用終了)

また、FXのように、取引所取引も来週から始まるようです。
clickkabu365_2.gif


もう少し勉強していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう