お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 証券優遇税制の行方<最終章>

証券優遇税制の行方<最終章>

梅ランさんの記事で知りましたが、証券優遇税制は2年延長で決着が付いたそうですね。どうりで株価が午後になって急騰した訳ですね。
topix1214.gif
法人税5%下げ・証券優遇税制2年延長、財源ねん出後回し

やはり最後は政治力でした。もし金融相が国民新党の自見さんではなく、野田財務相より当選回数の少ない民主党大臣だったら、違う結果になってたかも知れません。やはり連立与党の、しかも当選回数が上である先輩議員の顔を立てたという側面はあったと思います。

まぁ何にせよ、良かった、良かった。
個人的な意見としては、最良の証券税制は、景気浮揚対策も兼ねて、無税、だと思ってますが、何か?

法人税も5%なんてみみっちいこと言わず、シンガポール並みでいいと思います。ただでさえ製造業が海外移転をしてて、国内産業が空洞化してるんですから。菅さんが第一に掲げる雇用も促進されますしね。
まぁ目先の予算のつじつましか考えてない民主党政権では夢また夢でしょうけど。

これで、私のバイ&セル戦略としては、ベターな税制となった訳ですね。
バイ&ホールド派にはあまり関係ないんでしょうけど。

ところで、買ったら一生持ち続けるってたまに聞きますけど、それって投資としてどうなの?
子孫に資産を多く残したいっていう理由なら分からなくはないけど

関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう