お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 先進国債券ETF評

先進国債券ETF評

世界債券の続き。

投資商品に詳しいブロガーさんはいっぱいいるので、どのような評価をしてるか見てみました。


上場インデックス海外債券は長期投資に向いているか?(STAMグローバル債券との比較)(ベムのメモ帳)

「上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型」(1677)の登場で山崎元氏主張変更? (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)

初心者向けETF(上場投資信託)・インデックスファンド・海外ETF入門 (初心者向けETF(上場投資信託)・インデックスファンド・海外ETF入門)

上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI) 毎月分配型(愛称:上場外債)<1677>が株主優待(受益者優待)を実施(豊かな人生を目指す人のための資産運用入門)

海外債券指数ETFが東証に上場!先進国中心の毎月分配型でグロソブ天下に下克上を起こせるか?(経済的自由を実践する男のブログ)


<a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/PIIGS" target="_blank" title="PIIGS">PIIGSは入ってないだろう、と思ってたらギリシャが組み込まれてるんですか。他にアイルランドやポルトガルも入ってる。道理でこれだけ暴落してるわけですね。あぶねー。ただ、どこかのファンドと違って、仕組み上、たこ足配当はできないそうです。
あと、12/10に持ってれば図書券がもらえます(500円分)

つまり、、、、びみょ~ってことでかね。
欧州不安に立ち向かえる勇気があれば、買いではないでしょうか。

目論見書を見たら、PIIGSの国債は組み入れられてませんでした。
そこまで危ない債券ETFではないと思います。あ、イタリア国債が入ってました
まぁそんなに下値余地はないのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう