お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 低位株が好調な訳

低位株が好調な訳

私は個別株は主に低位株をメインにやってるんですが、最近市場平均を上回る上昇しています。(今月に入って平均して4%以上も上昇)

原因は自分の実力、選定する目かな、とか思ってましたが、もしかしたら、これが原因なのかも。



野村アセット、「野村日本割安低位株投信1101」を11年1月27日設定

 [東京 28日 ロイター] 野村アセットマネジメントは「野村日本割安低位株投信
1101」を2011年1月27日に設定する。

 わが国の株式を主要投資対象とし、株式への投資では流動性があり、株価水準が低位な

銘柄の中から、実績PBR・予想PERの観点から割安な銘柄を選定し、財務リスク分析

等による選別を経て組入銘柄を決定。定期的にリバランスおよび組入銘柄の見直しをする

ほか、基準価額が1万2000円以上となった場合には安定運用に切り替え繰上償還する

仕組み。年1回決算。

 ファンドの詳細は以下のとおり。

    設定上限額:1000億円       
    分類   :単位型/国内/株式 
    手数料  :1口あたり315円(税込み)以内
    信託報酬 :純資産総額に対して年率1.1025%(税込み)
    販売会社 :野村証券

(引用終わり)

私は低位株ではありますが、大型株ではないので、この投信の組み込み予定銘柄とはバッティングはしてないようでした。
やはり最近の好調なのは、自分の実力か?



関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう