お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > ETFとETNの違い

ETFとETNの違い

タイトルの記事が今日の日経朝刊に載ってたので、メモ。
記事のタイトルは「ETN 分散投資に一役」
今春から東証にETNが上場する予定だそうです。

ETN(上場投資証券)とETF(上場投資信託)と何が違うかというと、一番大きいのが実物資産の裏付けがあるかどうか、です。

ETN・・・Exchange Trade Note(取引所で売買される債券)という意味。
メリットは
・運用が難しい資産の指数でも商品組成が可能
・資産を運用しないため、証券の価値が指数にそのまま反映
デメリット
・発行体(証券会社)の信用リスクは投資家が負う

ETF・・・Exchange Traded Fund(取引所で売買される投資信託)
メリット
・証券価値に運用資産の裏付けが有る
・信託銀行が資産を管理し発光体(運用会社)の信用リスクがない
デメリット
・ETFの価値が指数に完全に連動しない
・商品の組成は運用できる資産に限定



関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう