お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 時事 > 報道機関に思う

報道機関に思う

日頃仕事上接している報道関係者に対して、あまり良い感情は抱いてませんが、
今回の報道を見て思ってたこと、また職場の人との話したところ、有る程度共通の思いがあるのが分かりました。

○報道機関は、ヘリを使って現地を撮影し、孤立している病院などの目先まで行けるのであれば、多少なりとも物資を供給してはどうか?
○過去の災害時も、報道機関のヘリの音が邪魔で被災者から反感を買ったという反省が生きてない。その分、防災ヘリに譲るべきでは。
○これだけ国民に節電を訴えてるんだから、報道機関であっても例外はなく、少しは間引いて放送すればよいのでは。ほとんど同じ内容なのだから。(NHKだけでいいという意見も)
○原発事故・水害等被災状況・避難所状況といった情報別に、報道機関同士が調整して役割分担し、必要な人が求める情報を的確・充分に得られる体制を作る。
○職場の執務室や廊下は明かりは半減してましたが、加盟記者達が詰めている記者クラブは(廊下からしか見てませんが)他の部屋よりも明らかに明るかったです。もちろん、光熱費は貴重な税金です。
○古館やみののつまんないコメントは要らない。

などです。
彼らは彼らの言い分があるのかも知れませんが、、、。



関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう