お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

急激な円安

気付いたら、すごい円安が進んでますね。
 (以下引用)
[ニューヨーク 1日 ロイター] 1日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで下落した。3月の米雇用統計は堅調な内容となったもののドル押し上げには不十分で、来週も欧州中央銀行(ECB)の利上げを受けてドルが売られる可能性がある。
 ただ、ドルは対円では上昇した。日銀は当面金利を過去最低水準に据え置くとの見方から84円を上抜け、6カ月超ぶりの高水準をつけた。
ドルは対ユーロで一時上昇していたものの、雇用統計の結果は金融政策を変更する理由にならないとのダドリー・ニューヨーク連銀総裁の発言を受けて値を消した。ECBは7日の理事会で利上げに踏み切るとみられている
 終盤の取引でユーロ/ドルEUR=は0.5%高の1.4231ドル。トレーダーによると、1.4060ドル付近にストップロスの注文があり、ユーロに買いが入った
 メルク・インベストメンツのアクセル・メルク社長兼最高投資責任者(CIO)は、連邦準備理事会(FRB)が近く利上げできるような状況ではないと述べ、数カ月以内に1.50ドルが視野に入る公算が大きいとの見方を示した。
 FRBが予定通り債券買い入れプログラムを6月で終了したとしても、緩和政策の解除にすぎないと指摘し「銀行システムには依然として大量の流動性が存在し、FRBは吸収する様子はない。ダドリー総裁は何も変える必要がないと述べている」と語った。
NY外為市場=ドルが対ユーロで下落、対円では約6カ月ぶり高値
(引用終了)

さらに「協調介入」も効いてるようです。
遊び程度でやっている私のドル円ロングポジション、無事利益確定しちゃいました。
76円の時はどうなるかと思ったけど。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう