お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 債券 > インデックスファンドとアクティブファンドで比較(国内債券)

インデックスファンドとアクティブファンドで比較(国内債券)

今度は、国内債券で色々と検索した結果、成績の良かった『DLIBJ公社債オープン』とインデックスファンドでSTAM、eMAXIS、CMAMを比較。
<1年>
indexbondvsdlibj1y.jpg

アクティブファンドが上回ってます。


<2年>
indexbondvsdlibj2y.jpg

DLIBJの短期以外はパフォーマンスが良いです。でも値動きが激しい。

DLIBJは、ノーロードというのも魅力的ですし、信託報酬がなんとインデックスファンドより安い(短期は)!!
bondcost.jpg

分配金は以下の通りです。
○短期
dlibjtanbunpai.jpg

○中期
dlibjtanbunpaityu.jpg
中期の方が利回りが良いですね。

この二つの違うは、
短期はほぼ社債に投資しているのに対して、中期は50:50くらいで国債と社債半分づつくらいです。


ちなみに、職場の積立貯金の金利を確認してみたら、0.85%(税引き前)でしたので、DLIBJを自主運用した方が高利回りであることが分かりました。
社内積立は半年複利ですが、自分で配当金を再投資すれば、この点もカバーできそうです。

(参考)

DLIBJ公社債オープン(中期コース)交付目論見書

STAM 国内債券インデックス・オープン交付目論見書
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう