お金にまつわるブログ~株・債券・REITを使って資産倍増~

投資信託→株→FX→不動産→株と転々としております。備忘録を兼ねて始めました。

Home > 資産運用 > 株式 > 私の投資法(日本株)

私の投資法(日本株)

こんな記事をネットで見つけました(日経マネー電子版)。

******************
井手氏は、「効率的な市場」でなぜ古今東西、様々なバブルが発生してきたのかと、効率的市場仮説に疑問を呈す。そして株価の動きは短期的にはランダムだとしても、マルキール氏自身が述べているように、長期的には利益成長や配当の増減というファンダメンタルズに沿って動くと指摘する。

■中身の8割は石ころ

 そのうえで、日本では「株主の資本を預かってバリューを生み出すはずの上場企業が、その努力をないがしろにしてきた」ことが、過去20年のインデックス投資のマイナスの結果をもたらしたと分析。さらにインデックスの中身はどの国でも玉石混交だとしても、日本では「8割以上はただの石ころ」であり、市場全体を買う代わりに残り2割のバリュー株を選別したインデックスファンドを作れば、優れた結果が期待できると主張している。

 インデックス投資家たちはこの「訳者あとがきに代えて」を読んでどんな感想を持つだろう。それでも、大半のアクティブ型投信がインデックス投信を下回る運用成果にとどまっている、という事実は残る。アクティブ運用の成功事例があまりに少ないことは、日本の投資家の不幸でもある。だが、新しいアクティブ運用の試みも始まっている。小さな成功体験の積み重ねが、いずれ市場の活性化につながるはずだ。

*****
まさに私が採用している投資法です。日本株限定ですが。
敢えて財務が悪かったり、将来の見通しが暗かったりといった企業まで一緒くたに買うのはどうかと。
インデックス投資より優位に立てるのではと思って、身をていして検証中です。


井手さんとは、この著者だと思います。
バリュー株投資は「勝者のゲーム」!バリュー株投資は「勝者のゲーム」!
(2010/11/19)
井手 正介

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © ひでぼう